中村屋の歴史

中村屋の歴史

文久3年 (1862年) に生まれた「中村タサ(後の中村屋旅館創業者)」が、室蘭で結婚後夫とともに女郎屋を始めました。その後、夫が店の女性に手を出し、タサは「三行半」を夫に叩きつけ札幌へ移住。そこで創業明治36年 (1903年) 、下宿屋を開いたのが中村屋旅館の始まりです。

33839239
現在の中村屋旅館